外部機器との連動利用

防災ラジオの専業メーカー
11111.png
111.png

外部機器との連動利用

●緊急地震速報・J-ALERT・防災無線など他の設備との連動可能!

 J-ALERTや緊急地震速報の受信装置、防災行政無線と「外部入力(出力)インターフェース」を接続することで、音声告知放送システムを利用して広範囲への迅速な緊急情報の伝達に対応できます。
 緊急地震速報やJ-ALERTなどの情報は緊急情報のため全ての放送において最優先となり、最大音量で放送を行います。

外部入力インターフェース利用例

 外部入力インターフェースは、外部機器の接点信号を検知し、音声告知放送システムの放送起動を行う装置です。外部機器からの音声を直接告知放送システムから流すことが可能です。

※構築イメージ

外部入力インターフェース0726.png

外部連動(たとえば).png

J-ALERT

 J-ALERTとは、消防庁が整備した全国瞬時警報システムです。津波や地震などの対処に時間的余裕のない事態が発生した場合に、通信衛星を用いて国(消防庁)から情報を送信し、市町村が受信装置で受信するなどして、住民へ緊急情報を瞬時に伝達することができます。
 音声告知放送システムは、市町村の受信装置で受信した緊急情報を、住民宅まで伝達することに役立ちます。
 J-ALERT受信装置と告知放送システムセンター装置を、外部入力インターフェースで接続することにより、J-ALERTからの情報を住民宅へ設置した告知放送受信機に自動で放送することができます。

緊急地震速報

 緊急地震速報とは、震源近くで起きた地震(P波、初期微動)を感知し、位置、規模などを自動計算し、地震による強い揺れ(S波、主要動)が始まる数十秒〜数秒前に素早く住民の方にお知らせするシステムです。
 このシステムと音声告知放送システムを外部入力インターフェースで接続することにより、緊急地震速報の情報を住民宅へ設置した告知放送受信機に自動で放送することができます。

防災行政無線

 防災行政無線は入力インターフェース・出力インターフェースどちらとも接続でき、相互に連動させることができます。
 音声告知放送システムを外部入力インターフェースで接続することにより、防災行政無線からの情報を告知放送受信機へ送出することができます。
 また、外部出力インターフェースで接続することにより、告知放送システムからの情報を防災行政無線へ流したり、防災行政無線用の屋外拡声装置へ流すこともできます。

※音声告知放送システムと外部機器を連動させる場合は、仕様打合せが必要となります。

外部出力インターフェース利用例

外部出力インターフェースは、音声告知放送システムの放送起動時に、外部機器へ接点信号および音声を出力し、外部機器を起動させる装置です。音声告知放送システムの放送を外部機器から流します。

※構築イメージ

外部出力インターフェース0726.png

外部連動(たとえば).png

防災行政無線

 防災行政無線は入力インターフェース・出力インターフェースどちらとも接続でき、相互に連動させることができます。
 音声告知放送システムを外部入力インターフェースで接続することにより、防災行政無線からの情報を告知放送へ送出することができます。
 また、外部出力インターフェースで接続することにより、告知放送システムからの情報を防災行政無線へ情報を流したり、防災行政無線用の屋外拡声装置へ流すこともできます。

※音声告知放送システムと外部機器を連動させる場合は、事前調査が必要となります。
※接続可能な外部機器は外部出力インターフェースの接点仕様に適合したものとなります。