有線型の特長

防災ラジオの専業メーカー
11111.png
111.png

有線型 音声告知放送システム

CATV網を利用

 行政情報、教育機関や公共施設からの伝達、趣味サークルのお知らせ、各種地域情報等を速やかに、かつ的確に告知が可能です。

 主に市役所やケーブルテレビ局に設置されているセンター装置から、加入者宅に設置された受信機に向けて音声で放送を行います。

CATV網を活用し、FM帯域(70.0~89.9MHz)を利用して、多彩な放送形態、機能をもつ音声告知放送を行います。


有線5ボタン.jpg

有線型の特長

特長1

多彩な放送種別・放送形態

  • 放送種別は緊急/通常放送の選択ができ、それぞれ一斉/グループ/個別放送と必要に応じて範囲指定が行えます。
  • 生放送・音源指定放送の他に、電話からの放送やスケジュール放送など様々な放送形態の放送が行えます。

特長2

放送優先順位が設定可能

  • 放送ごとに優先順位を設定し、放送時刻が重なった場合に優先順位の高いものから優先的に放送します。

特長3

聞き逃し防止、録音機能

  • 放送を聞き逃しても、センター装置からの再放送機能や受信機の録音機能で、放送をいつでも聞き直すことができます。

特長4

同時間帯放送が可能

  • 放送範囲がグループの場合、最大8つまでの異なる内容の放送を同時間帯に放送できます。